機体紹介

ここでは対馬やまねこ空港で見られる飛行機について紹介いたします。
※機材データは各航空会社での設定により異なる場合があります。

飛行機の見学にあたっての注意

  • フェンス内、及び屋上への立ち入りは禁止されています。
  • 施設内への侵入は、航空法で固く禁じられています。
  • ご見学中の事故についての一切の責任を負いかねます。ご自身で安全を確保して下さい。特に、エンジンからの排気は強力です。転倒事故等には、十分お気を付けください。
  • 空港付近にゴミ等を散乱させないでください。運航に支障をきたす恐れがあります。
  • 夜間、飛行機に向かってのライトの点灯やフラッシュの発光は、運航に支障をきたしますのでご遠慮ください。
  • その他、運航の妨げになる行為は、航空法で固く禁止されています。

ボンバルディアDHC8-Q400

座席数74席
航続距離2,020km
全長32.8m
全幅28.4m
全高8.3m
巡航速度670km/h

機内の騒音や振動を低減させる装置(NVS)を装備し、機内の騒音は抑えられています。
名前の「Q400」は、静かである=「Quiet」よりQシリーズとも言われます。

ボンバルディアDHC8-Q200

座席数39席
全長22.25m
全幅25.89m
全高7.49m
巡航速度537km/h

機内の騒音や振動を低減させる装置(NVS)を装備し、機内の騒音は抑えられています。
名前の「Q200」は、静かである=「Quiet」よりQシリーズとも言われます。

DHC-200シリーズは、基本型の100型の胴体に300型と同様のエンジンを装備することにより、巡航速度や離陸性能が向上しています。